(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

去年の狂犬病など。

Re: 去年の狂犬病など。

  • 2016/11/20 (Sun) 12:40:54
殆ど貰われたよ。
貴様の執拗なストーカーも終わらせな。
あと、カウセリング受けた方がいいかもねぇ〜


ip:
49.98.151.73
host:
sp49-98-151-73.msd.spmode.ne.jp
ua:
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; SC-02G Build/LRX21T) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/54.0.2840.85 Mobile Safari/537.36

Re: 去年の狂犬病など。

  • ビタワン
  • 2017/02/09 (Thu) 05:51:09
いくら貰われていっても、小さいうちからイジメや虐待を受けていた犬は人を信用せず、脱走や問題行動を起こす様です。
ブログ内でも脱走や問題行動を起こす犬たちが多いですよね。
それこそ犬たちへの心のケア、カウンセリングが必要な状況ですよね。

犬を見ればどれだけ劣悪な環境で過ごしていたのかわかります。
劣悪な環境が改善されたと言っても、あなたのところにいた犬たちの心の闇は一生消えないでしょう。

善意であれ、故意であれ、結果として劣悪で予防注射や病気のケアなど殆どしていなかったのは事実です。そういった行為を見過ごせない方の声を真摯に受け止めることが出来ないのは何故なのでしょうか?
行政から監視対象と認定されたと事実をどう受け止めておられますか?
今までの経緯から考えても資金も施設も十分とは言えない状況で監視の目がないと何時また劣悪な環境になってしまうのではないかと思ってしまうのは当然ですよ。
わんわん支援者も一旦支援した以上最後まで責任を取る覚悟なんですよね。

Re: 去年の狂犬病など。

  • ももち
  • 2017/02/18 (Sat) 12:05:08
ビタワンさま

お久しぶりです。
支援者さんなんて、まだいるのでしょうかね?
いたとしても、何も知らない、知ろうとしない善意の方々と思います。

何ていうか・・・悪意がない(むしろ善意な)ので責められないんですよね。

悪いのは100%本人ですから。
可哀想な犬達も可哀想なまま着々と減っているようですから
野良や他の犬をはらませて殖やさないように監視するしかないのではないでしょうか。

Re: 去年の狂犬病など。

  • M
  • 2017/03/03 (Fri) 00:14:22
大きくなってから飼い主が代われば逃げたくなるのは普通の事だと思いますよ。知らない家に連れてこられて警戒するのは普通のことだし、帰りたくなるのも普通の事です。帰巣本能ですよ。問題行動ではありません。それを理解して脱走せぬように注意を払って愛情を注ぎ落ち着かせるのです。犬が脱走してしまったのは犬のせいでもないし、良い環境で育った子であればすぐに新しい環境になじむというものでもありません。
新しい飼い主さんはそれを理解しているからこそ、長い間探していたのでしょう。
脱走=問題行動=心の闇じゃないですよ。

お久しぶりです

  • 吹雪
  • 2017/03/30 (Thu) 18:33:26
可哀想な犬達は可哀想なままで減っている………
ブログを見る限り、御本人様はお元気そうですが、
春に子犬が何匹も…なんて事にならないことだけを祈っています。

ブログ更新がありませんね

  • ビタワン
  • 2016/01/07 (Thu) 16:21:03
何度わんわんのブログを見てみましたが更新されていないようですね。
資金が尽きたので携帯の支払いが不可能になったのでしょうか?
一度状況を確認しに行こうと思います。

Re: ブログ更新がありませんね

  • 暴れ熊
  • 2016/01/08 (Fri) 09:04:28
ビタワンさん
おはようございます

本人曰く、IDとパスワード忘れでログイン出来ずに新しいブログ立ち上げてます

1年前に記事にしていたハウンズさんの避妊去勢を又、ほじくり出して、「トルネード作戦」とか言って浮かれてます

何ひとつ変わらない様子です
飼い主責任を何ひとつ果たせてないのを「お涙頂戴」に書き換えております

これを書き込むと、おそらくアクセスが上がってしまうので、検索ワードは書きません

子育てベンツも腫瘍が出来てて「余命一ヶ月」とか…
とにかく何でも「ネタ」です

毎日一緒に寝てても異変にも気がつかずいかにふれあいが全くないのかをアピールしてます!本当に残念なじいさんです

Re: ブログ更新がありませんね

  • ビタワン
  • 2016/01/08 (Fri) 14:15:11
暴れ熊さん
情報ありがとうございます。

Re: ブログ更新がありませんね

皆さまお元気そうで何よりです。

警察も役所も把握していますから
一般の方はかまわないのが一番ですよ。

おっしゃる通り、何でも自分の良いようにネタにして
可哀想な犬と頑張ってる自分をエサに
金づるを釣ろうとしてるだけです。

ネタを提供するとますます張り切るだけです。

この人が北海道で最後の、最悪多頭飼育者になるように
していかなければなりませんね。
こんな悲惨なことはあってはならないと思います。

Re: ブログ更新がありませんね

  • 名無し
  • 2016/04/03 (Sun) 23:54:42
自分の素性も明かさず言いたい放題!
果たして貴方は、犬猫を保護した経験が有っての
発言なのでしょうか?
きっと貴方は、世の中の不幸な犬猫達を
幸せに出来るからこその発言何でしょうね!
其れは、素晴らしいと思いました!
自分は、今さん程ではないけど、出来る範囲で犬猫を保護してます❗全て自腹で登録も予防もしてますから安心してください( ̄▽ ̄)
貴方のコメントが匿名で一方的なので自分も匿名にしてます。
しっぽの会とも仲良く交流してますよ~(^∇^)
もっと言えば、JAVAも道保護協会も会員として活動してましたけどね!
貴方みたいに活動してるのかして無いのか解らない方に
こんな処で批判するのはどうなんですかね~‼
本気で犬猫が好きなら、批判する前に活動して見ませんか!

Re: ブログ更新がありませんね

  • Sol
  • 2016/05/24 (Tue) 19:42:13

実名原則のサイトでも取り上げられてたって、正直恥ですよね
。。。

これ以上、恥の上塗りをしないで欲しいですね。

このおじさん、最初は謙虚さもありましたが、いろんな人が出入りするうちにお金を 無心する様になりました。

ボラで出入りした人にも中にはおかしいなって思う人もいましたし、人に頼らなければやってけない状況を作ったおじさんもどんどんおかしくなっていきました。

このおじさんは野生に近いので、ワクチンとか言っても 無意味なんです。

自分も義務保険に入ってないのでは?と思います。

おじさんが亡くなる前に、犬達の事を考えないとダメですよね。
石狩が引き取って、くれるのでしょうか?

Re: ブログ更新がありませんね

Solさま

お久しぶりです、しばらくぶり過ぎて
この掲示板の操作方法を忘れてIDチェックなどできてませんが
以前も来てくださっていた方ですよね。

>実名原則のサイトでも取り上げられてたって、正直恥ですよね
そうなのですか?良くわからないのですが
ご本人、自分で実名晒してますしね・・・
もうここまで来たら恥も外聞もないのでしょうね。

わんわん救助隊のサポーターがガッチリ脇を固めてますから
死んでも問題ないんじゃないでしょうかね。

生きてるうちは、一瞬でも目を離すとまた
犬をダシにした乞食に逆戻りです。


Re: ブログ更新がありませんね

  • Sol
  • 2016/05/31 (Tue) 19:26:57
ももちさん、そうです、お久しぶりです。

簡単なキーワードを打って検索すれば、原則実名サイトが出てきます。
でも二年位前の投稿で、その時はいろんな意見が出ても、どうしても立ち消えに なってしまってます。

継続して経過をみなければ意味がないんですよね。

Kさんは自らススキノで働いてましたとプロフに書いてるあたり、他にも違う名前を語ってる可能性があるかもしれません。

だからブログで 名前を出せるんじゃないでしょうか?
実名を出したら もっといろいろまずい事が出てきそうですね。

Kさんが突然犬達のケアが出来なくなっても、サポーターがーいらっしゃるのでしたら安心ですね。
当然全頭その方達が引き取って、これからは金銭が絡まない世界で、一頭ずつ生涯介護が必要になってもそばにいてくてるんでしょうね。

Kさん、今は人の金も自分の金って思う様に変わってしまいました。

お金って人を変えてしまいますからね。
せがむばかりで、「与える」と言う言葉は、もう ないんでしょうね。

「募金で頂いたお金は必ずお返し致します」
そう書いてあったブログも削除or非公開になってるので、すっかりお金の魔力に取り憑かれたんでしょう。

今噂になってる政◯の人ちっちゃい版の様ですね。

無題

  • mm
  • 2015/11/28 (Sat) 22:31:01
言っていることはわかります。
ただ、なぜか犬達のフードが貰えなくなっているようですね。

犬は被害者といいながら、餓死しても構わないということでしょうか。

Re: 無題

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 22:41:27
>言っていることはわかります。
良かったです、ありがとうございます。

よその家の犬が餓死してもいいとは思いませんが
それは飼い主責任です。
エサを無料であげなかった人のせいではありませんし
叩いてる私のせいでもありません。
飼育する能力もないのに増やしてお金だけ搾取してた飼い主が悪いのです。
犬は被害者であり人質です。
mmさんのおっしゃるフレーズは昔からよく出てくる
せっせと「わんわん救助隊」を存続させてきた理由の一つとなります。

多頭飼育者と話ができるなら、是非詐称を止めさせてから行動すべきです。

Re: mm様

  • 暴れ熊
  • 2015/11/29 (Sun) 00:15:16
すいません 横スレ失礼します

現在フードが貰えなくなったのは、某問屋さんの都合の様です

余り詳しくは書けませんが面識のある方が居なくなった様です

それこそ自分の犬だとあのお方が主張するならば今後は自力で飼育していかなければならない状況です

確かにあそこの犬達がひもじい思いをしてしまうのは忍びない事実ですが、これを強く表に出してしまえば本人に人にたかる機会を与えてしまう様なモノなので
現在個人の方々が持ち寄っているフードでも何とかなるのでは?と思います

今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/22 (Sun) 14:30:48
昨日またアクセスがいきなり増えたので、今来た方へわかりやすく説明します。

石狩市厚田区嶺泊に、中型雑種犬を100頭近く所有している老人が存在し
10年近く前から、「わんわん救助隊」と名乗り、看板や名刺まで作り寄付を募っていました。
(現在もブログは存続中 http://blog.goo.ne.jp/space7galaxyufodog )
もっとも頭数が多かった時は、200頭を超えていたと推定されています。
飼育方法としては、広大な敷地内を柵や簡易な木の壁などで囲い、係留等をせずに放し飼い
囲いが不十分なため、犬たちは敷地外へと逸走し、敷地内でも野外でも子を産み野良犬となる犬もいました。
逆にこの多頭飼育者が、野良犬の乳飲み子を母犬から強奪して手元で育て、「わんわん救助隊」
の名のもとに、「保護犬」を生産し、仔犬を譲渡し保護活動者を装い、寄付を集めていた実態があります。
避妊去勢もしていないため、産まれては死に、頻繁な闘争で命を落とした犬も多くいました。

明らかなマッチポンプ形式なのですが、この不幸な大量の犬を見て保護活動だと勘違いする支援者
マッチポンプと知りながら、支援しようとする方が後を絶たず、この多頭飼育者の思惑通りに「詐欺的な保護活動」が今も存続しています。
(このような支援者をイネイブラーと言うそうです。後ほど解説)

事実として、ここ10年の間に管内の保健所には嶺泊由来の野良犬が捕獲収容殺処分されてきました。その数は数百頭にも及びます。(確認済)

全国的にも犬の殺処分が減り、北海道も例外ではなく、嶺泊由来の野良犬は地元保護団体にずいぶん助けてもらえるようになりましたが、捕まらない犬もまだいるようでたびたび子犬も保健所に収容されます。今も野良成犬が保健所にいます。

続く。

Re: 今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 21:41:12
続き。

の前に訂正します。
「詐欺的な保護活動」→「保護活動を装った詐欺的行為」

この多頭飼育者が「わんわん救助隊」と自称している以上
犬を助けたいという善意の「犬のためだけに行っている」行為が、マッチポンプの歯車、または広告塔のひとつになっているに過ぎない・・・のですが、たぶんこの辺がわかってもらえない部分なのかなと思います。
(相変わらず説明が下手ですみません。)

いくら声高に、多頭飼育者の味方じゃないとか信頼関係を築いて良い方向に導いていくなどと語っても、自称「わんわん救助隊」を止めさせないかぎり、「わんわん救助隊を容認している支援者」でしかありません。

そもそも、少しでも助けてればまだいいのですが、殺してる方が断然多いし、わんわん救助隊などとうたってるおかげで犬捨て場となるわけです。(マッチポンプだから仕方ないのですが。)
現場を見て犬たち元気だし自由だしなどと思う方もいるのですが、今いる犬は、たまたま生き残っただけでその陰に膨大な数の犬が死んでいることをどうか想像して欲しいと思います。
行政で殺処分された分とはまた別に施設内で大量死していることは想像に難くないと思います。


可哀想な犬は、嶺泊にだけいるわけではないのですが
どうしてもここの犬に手を出したいなら、まずは自称を止めさせることから始めなければ何年も続いてきた同じことの繰り返しであって、何の進歩もありません。


たまたま今は行政で個体識別を行っているので、新規繁殖犬の導入はできませんが、自称している以上多頭飼育者にはいつでも元に戻る準備があるという事です。
どうぞ騙されることの無いよう、騙された方だけが被害者ならいいのですが、この場合、犬が被害者ですから。
行政に犬はダメって言われてるから猫連れてきたりしてるようで、普通に考えれば純粋な善意ならブログに載せないでしょうから、ブログのネタが寄付に直結してるのだろうと思います。

本質を見誤らないようお願いしたいと思います。

http://www.nagijupi.com/085648/

その1 わんわん救助隊と言う名称を使用しないこと

まずこれをさせないことには解決はありません。

それと、多頭飼育者にとって注目されたり、来客があったり
犬のおかげで他者とコミュニケーションが取れることが何よりも嬉しいことです。
(叩かれるのも喜んでる可能性も)

なので、かまわないのが一番の解決への近道なのですが・・・
なかなか難しいのでしょうかね。



Re: 今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 22:51:24
イネイブラーの解説を忘れたので
過去の書き込みのコピペです。以下

dog actually(ドッグ・アクチュアリー)

レスキュー・ホーダーという問題
http://www.dogactually.net/blog/2015/07/-photo-by-cocoparisienne.html

嶺泊の多頭飼育者は、レスキューホーダーではありませんが
参考になる部分があります。

以下引用
>一般の人の側の問題では、レスキュー・ホーダーという存在を知らないと「自分を犠牲にしてまでたくさんの動物を救おうとする素晴らしい団体(人)」という印象を持ち、寄付などの支援を行うこともよくあります。ホーダーに援助をすることは、依存症に対してのイネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)となってしまうことを意味します。善意のつもりで行った支援がさらに動物たちを苦しめることになるので、大きな注意が必要です。動物保護団体に支援をする時には、実際に動物達がどのように扱われているのか(出来れば自分の目で確かめる)、動物の出入りの数がきちんと公表されているか、収支報告がきちんと公表されているかなどをチェックすることが大切です。


大事な部分はここです。
>イネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)

イネイブラーという言葉はワタシは初めて知りましたが、このイネイブラーの存在が、嶺泊の悪事を存続させていることを、どうか理解してください。

嶺泊は、レスキューホーダーでは無いと思います。
そもそもが保護活動ではなく、だらしがなく犬に興味が無かったがために、いつの間にか増えちゃったけど、レスキューホーダーのふりをすれば、お金が入ってくることを学習した、単なる悪人です。

その辺の見解は個人差があるかもしれませんが、ワタシはそう思います。

以上

続く。

無題

  • 暴れ熊
  • 2015/08/30 (Sun) 03:51:13
しばらく見に来てませんでしたが、私の方でもぐう偶然にもとある方とお会い出来てお話を聞けたので書き込みさせて頂きます

私の名前を聞けば又乱暴者とか嫌な思いをされる方が多数いらっしゃると思いますので一度きりとさせて頂きます

先日、ひょんな事から、過去にボランティアとして大々的に活動されてた方とお会い出来てお話を聞けました

昔、sakurapapaさんより資料を頂いたあの方々です

当時は相当酷かった様で、生きた犬と側には死んでしまった犬とが同居していたとの事です

指摘すると死体を拾って裏に投げてたとの事です

現在は出入りする方々に良い人を演じる為、想像もつかないとは思います

私も初めてお会いした時は、人当たりの良いおじいさんと印象を持ちましたが…
直ぐにそんな印象は吹き飛びました

hiroさんも現地へ行って思いを伝えてみては?と仰ってる様ですが、何せとんでもなく嘘を吐きまくるので、ある程度のこれまでの経緯をわかってないと騙されてしまいます

逆に私はgiroさんsakurapapaさんのお二人が、自分らは現地へ出向いてるという部分を強く思い意見されている様にしか最近は見れません

Twitterでは相当な毒を吐かれていますね

ここに出入りしてる方々の全く見えない所であの書き込みはちょっと酷いとおもいますよ

確かに今居る犬達の生活は何よりも日々優先されなくてはならないと思います
それは皆同じ思いだと思ってます

ただ、個々の捉え方にも違いがあると思います

それを自分らは正しいので言う事を聞きなさい的な書き込みしても誰も付いては来ないし聞く耳持たないと思いますよ

hiroさん以前私に言いましたよね?色んな角度から色んな意見で良いと思うって
私にも現地へ出向いてと仰ってましたが、私が行くと爺さんはすぐにブログでいじめられてる老人を演じてお涙頂戴を始めるので行かなくなっただけです

こんな状態なのに皆に現地へ行けと言われても…
それこそ爺さんの思う壺!いい様に利用されておしまいです

外人のボランティアさんとも偶然にもお会い出来て数時間ほどお話させて頂きました

やはり爺さんのだらしない所を指摘するとえらい剣幕でまくしたてるそうですね

お話を聞かせてくれた過去のボランティアの方々と同じ様に出入り禁止になってしまいそうだと仰ってました

何れにしても繋がる命とは程遠い

見られて無いからこそ堂々と嘘をつけるあの性格

自分に利益をもたらしてくれる人への擦り寄り

何ひとつ変わってませんよね

今日のブログ見たらあれだけ出雲出雲って書き込んでいた犬…
外に居ても私が中に入る時は先に中に居る犬を
「あれっ?あのワンコは〜」とか白々しく嘘のブログを投稿してる爺さんです

私はあなた達の様に「八方美人」ではありません

どちらかと言うとストレートに真正面から言う人間です

確かに叩かれてじいさんがスネてしまえばあなた達も行きにくいとは思います

私は現在は全頭避妊去勢もハウンズさんが成し遂げて
行政もいよいよ本腰を上げて個体管理も進み
出戻り等の受け入れも行政側で指導が入り

これ以上不幸な命が生まれなくなり
仔殺しも起きず
少しずつでも里子に出て行き
規模が小さくなっていってる現在

もう現地へ足を向ける事はありませんし

これ以上首を突っ込む事もありません

皆、個人個人で色々な思いを持って集まってるのですから

自分らの思いを押し付けなくて良いのではと思いますよ

逆に今はこうだと言われても、過去にあれだけずさんな事をしでかした方です

仮面をいつ脱ぎ捨てて戻ってしまうのか…

それを心配しています

無題

  • sakurapapa
  • 2015/08/15 (Sat) 06:53:15
先日も投稿にコメントしましたが・・・。
一部分だけしか書き込み見れないようになっていまして

ひとこと言わせてください。

頭を冷やし冷静に物事見ては、どうですか?
ここの住人の方々。

暴力(言葉も含め)で解決しますか?

詐欺だのとか言ってますが・・・。

嘘を言って寄付を募るだけが詐欺ですか?
違うでしょう。

嘘を言わずに、法を守らず保護活動をしている方々は、どうなんですか?

先日、ふと疑問に思い動物管理センター及び石狩支庁に問い合わせしましたらこの国(日本)の殆どの保護団体は、法を守っていない事がわかりました。
それこそ悪質ですよ。

それに対し我が家の飼い主は、何も言いませんが~。

これが明るみに出れば、救われる子が救われなくなります。

話は、それましたがこの場で討論していても言葉は、違いますが絵に描いた餅みたいなもんです。

食べたくても食べれない!
救いたくても救えない!
になりますよ。

それを望みますか?

とかく見ていると原点の犬達をどうかしたいが~爺を懲らしめたいにすり替わっています。

爺を懲らしめて犬達が救われるならお好きにしてください。
もし犬達が路頭に迷い殺処分にでもなれば、教壇した方の責任ですよ!

駄目なものは、駄目でわかります。
ですがグレーな部分も理解したうえで歩み寄り、話し合いや手助けで何とかしていけないのですか?

過去は、変えられません。
未来は、変えられるのですから・・・それを一緒に導き出す考えを持ってもらえると助かります。

決して我が家の飼い主は、爺の敵でも見方でも無い立場でいますし、今後も居続けます。

意味不明ですね

  • ビタワン
  • 2015/08/19 (Wed) 20:04:13
何で俺だけ、あっちの方が悪質だって言いながら交通違反の取締でごねている人みたいですね。

犬達が殺処分になったら糾弾した人達の責任だって言いますがそれって脅しですか?

前より改善されたのは事実ですが、基本的に多頭飼育するだけの人材と資金が無いのは明らかで当人の年齢を考えれば無理をしてあそこで飼育する必要は無いはずです。

少しずつでも良いから他の施設へ犬を譲渡して最終的には閉鎖するのが良いのではないでしょうか。

彼のブログ内でも書かれていますが異常な飼育で心がねじれてしまい飼い主を噛んだり、環境になじめず出戻りしている犬も結構いますよね。

Re: 無題

  • SmileDog
  • 2015/08/19 (Wed) 22:44:24
>ビタワン様

私が元となる投稿をしたのに、そのままにしていて申し訳ありません。
お礼を言うのも変かもしれませんが、レスありがとうございました。

「少しずつでも良いから他の施設へ犬を譲渡して最終的には閉鎖するのが良いのではないでしょうか。」

↑には私も同意見です。難しいとは思いますが。


>sakurapapa 様

「他でも嘘をついているのにどうしてここの嘘を非難する。
助けるためだから嘘をついても悪くない。
嘘を悪いと言う方が悪い。」

的な考えには共感できませんでした。
申し訳ありませんが、何とレスしたら良いのかわかりませんでした。

無題

  • hiro
  • 2015/08/14 (Fri) 10:20:07
返信ありがとうございます。

ファンドの掲載に事実ではないことが含まれているのは認めます。
ただ、このままではあまりにも現地ボラさんが世間からの誤解や非難を浴びる結果となるのは明らかでした。
ですから、あえてあのような書き込みをさせていただきました。
ワタシの投稿内容にもSmileDogさんへの非礼があったことはお詫びいたします。

それぞれに思いがあると思うのです。
このBBSに出入りしている方々にとっては、あの場所(あえてこう呼びます)に関わり、関係を保っている人間は悪事に加担し、その所業を助長する者たちというお考えなのでしょう。
実際、世の中にはそのような共依存関係も存在します。(仕事柄何度もそういう場面は見てきております)

そうですね。もしかしたら、なかにはそういった関係性に近い方もいるのかもしれません。
しかしだからと言って、そうではない方々まで全て一緒くたにし、貶めるような発言を繰り返すこのBBSの在り方はどうなのだろうか?と思っておりました。
あれだけウジャウジャいた仔犬が生まれなくなったのはなぜ?上手に散歩ができるようになったり、里子に出せるくらいにまで落ち着いたイヌが増えてきたのはなぜ?
そういったワンコたちの里親さん探しに奔走している方もいます。

現地も見ない、話もしない、思いも伝えない。だから変化に気づかない。
それでいて本人のブログのみチェックして批判を繰り返す。
一般社会においてこういう関わり方って容認されるべきことなのでしょうか?
それこそワタシには到底理解できかねます。

ファンドの掲載内容に「嘘偽り」があるのなら、直接出向いて是正するよう本人とお話をされたらどうでしょう?
札幌市内からわずか1時間ほどの距離です。
ファンドは英語で記載されていますが、日本語をとても上手にお話し、理解できる方です。
お話をしてその意図にどうしても納得できない、もしくは投稿内容の修正に理解を示してはもらえない。
そうなって初めて存分に行動されればいいとおもいます。

最近のBBSは叩くことのみに特化しており、大変残念な気持ちで拝見しておりました。(あくまでもワタシの印象です、そうではない方ごめんなさい)

SmileDogさんのイヌ達を何とかしてあげたいというお気持ちはすごく伝わってきました。
多少の言語の壁はあるのかもしれませんが、このファンドを立ち上げた方も同じ気持ちだとおもうのです。もちろん、私も同じ気持ちです。

人間同士が無駄にいがみ合って衝突するのではなく、認めるべき所は認め合う。

私は犬の専門家ではありません。smiledogさんにしかわからないこともたくさんあるかと思っています。
できるだけ正確なよい情報を共に交換し、正すべきところは正せるようみんなで行動できることが、あの場所にいる犬達の本当の幸せに繋がると思い、信じます。

ワタシも含め、初心に帰るべき時なのかもしれません。

Re: 無題

  • hiro
  • 2015/08/14 (Fri) 10:22:55
賛同…?
への返信でした。申し訳ありませんm(_ _)m

Re: 無題


いえ、いいと思いますよ。

ただ、あなたのような人がたくさんいて

あそこは何年も存続してきた、と言うことだけは事実です。

一番の問題点であるウソを止めて初めてスタートに立てます。

Re: Re: 無題

  • あい
  • 2015/08/15 (Sat) 04:28:39
hiro様
SmileDog様のメッセージが何故ボラさんや、そこに関わる方の非難に繋がるのか?
私は疑問を持たず読ませて頂きましたので少し意見を言わせて下さいませ。
ファンドに関して 嫌がらせや妨害が目的ではないと書かれています。
それを掲載する事も敢えてされてません。
それらの文面だけでもSmileDog様の心情を察する事が出来るのではないでしょうか?
私はSmileDog様の核心は、ももち様が訴え続けてきた事に何もブレはないと思い読ませて頂きました。

あの場所に行かず、張本人やボラさんと話をした事もない人が口を出すなと言われそうですが虚偽の記載を容認されているhiro様のお気持ちはわかり兼ねます。

Re: 無題

  • SmileDog
  • 2015/08/15 (Sat) 19:55:11
hiro様

わざわざご丁寧にお詫びいただき恐縮です。

募金活動事態は誰でも出来る自由なものですが、使途目的を明らかにし、その明らかにした目的のためにお金を使わなければ詐欺に当たる場合もあります。
そして、あたかも実在するようなボランティア団体を名乗るのは、当然詐欺にあたります。
(施設名は書いていませんでしたが、「犬の保護施設」ではありませんよね?)

今回使用されたクラウドファンディングは個人的な資金の調達も行えるものですから、何と言って募金を募ってもOKだとは思います。
例えば、旅行に行きたいので募金して下さいでもOKなのものです。
クラウドファンディング系のサイトは詐欺なども多いことは周知されていますので、これは募金をする側が気を付けなければいけません。
なので、私が募金の記事を出された方と直接お話しをして、内容の訂正を求めるものでもないと思います。

ただ、嘘が明らかになってしまうことよって受けるダメージは、決して小さくないのではないでしょうか?
今後を良くして行きたいとお考えになるのなら、やはり事実を正しく発信するべきだと私は考えます。

「わんわん救助隊」から犬たちを助け出すという目的なら、私だってもちろん賛同します。
ですが、「わんわん救助隊」を応援するという趣旨のものであれば、私は賛同出来ません。
お爺さんをこらしめたいとも考えていませんが、助長させるようなことをしてはいけないとは思います。

犬たちには本当に何の罪もなく、幸せに生きる権利を持つものたちであると思っています。
どのような経緯でどのような悲惨な事になってしまったのか、
それを見かねた個人がどのような活動をしているのか、
今後どのようにするために活動資金が必要なのか、
そのあたりを正しく書いても良いのではないかと私は思います。
正しい活動を行ってらっしゃるのでしたら、むしろ書いた方が良いと思います。

お爺さんのことは関係なく、ただ犬たちのために頑張っておられる方、
犬たちの生活環境や今後の幸せのために心を配っておられる方、
これ以上同じ過ちを繰り返させないよう力を尽くしている方たちを、私は非難するつもりはありません。

賛同…?

  • SmileDog
  • 2015/07/21 (Tue) 19:33:33
ご無沙汰しております<(_ _)>

Animal Rights For Japan のFBで、支援の記事を見つけてしまいました。。。
https://www.facebook.com/AnimalRightsForJapan?fref=nf

Re: 賛同…?

SmileDog さま


こんにちは!ご無沙汰しております。
いつもありがとうございます。
情報いただき、色々とざっくり見ていましたが
今また確認すると、記事が削除されておりましたので
おそらくお気づきになられたんだろうと思います。

わんわん救助隊と自称している以上、そこが多頭飼育者の「狙い」なのですが、多くの方が実情を理解してくださっているおかげで、大きな被害にならずに済んでいます。

本当に感謝しています。

また、インターネット上の情報のみで実体のない(実体があっても詐欺的なものも含む)自称動物愛護団体や動物の権利団体も昔からたくさんありますので、支援なさる方々は、しつこいぐらいの実態把握に努めたほうがよろしいかと思います。

それが結局、動物のためになります。

また何かありましたら是非情報くださいませ!
ありがとうございました<(_ _)>

Re: 賛同…?

  • SmileDog
  • 2015/07/22 (Wed) 19:16:07
ももちさん、ご確認ありがとうございます。
私も見てみましたが、昨日の記事は見つかりませんでした。

FBの記事には下記の通りコメントしました。
「こんなコメントで申し訳ありませんが、ここは「わんわん救助隊」ではないでしょうか?
わんわん救助隊には行政の指導が入っているようです。
トラブルも多数あるようで、直接の募金では解決にならず、かえって悪化してきた過去もあるようです。
ちゃんとしている所なのか、調べていただきたく思います。
犬達は助けてあげなければいけませんが、募金は犬のために使われるのか、そして本当に救われるのか、調べて欲しいです。」

私はコメントしたせいか記事自体は見る事が出来るのですが、
ページからは見つけられませんね。。

とりあえず良かったです。

Re: 賛同…?


そうでしたか、それではSmileDogさんの書き込みで、色々と調べてくださったのかもしれませんね。

通常、真偽の確認できない案件は安易にリンクや拡散などはしないのが、信頼できる団体の基本かと思いますが・・・

でも、理解していただけたのなら良かったです^^
ありがとうございました。

Re: 賛同…?

  • SmileDog
  • 2015/07/22 (Wed) 21:52:10
FBの記事を画像にしてみました。
BBSに添付しちゃいますけど、、すみません;;

画像なので縦の長さ大分切っちゃいましたけど、記事には「わんわん救助隊」って一言も書いてなかったんですよね。。

※Animal Rights For Japan さんが書いた記事ではなく、元々の募金を募るページに書かれている記事のことです。

犬の里親が見つかるのは良いと思いますが、募金は誰に入ってどうやって使われるかわかりませんので(だって団体ではないですもんね。)、本当に記事が出てこないか心配で何回も調べてしまいました。

このような記事をまた見つけたら、ちゃんと調べてもらえるようコメントなりメールなりしてみます。

どうもお騒がせしてすみませんでした;;

Re: 賛同…?


画像ありがとうございます。
Animal Rights For Japan さんが記事を削除したことで
ワタシはもう募金元?へ飛べないのですが
どなたが募金を募っているのかはわかりませんが「犬の保護施設」とあったので、それだけでもう詐欺への加担です。


素直に無責任な多頭飼育をされて困っている犬を助けたいじゃだめなんでしょうかね?
保護施設と言ったほうがお金が集まりやすいのかもしれませんが
ここまで暴露されていれば、あそこを「保護施設」と表現するだけで胡散臭いと判断されてしまいます。

良かれと思ってやっていることだとしても
犬のために何がいいのか、真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

Re: 賛同…?

  • SmileDog
  • 2015/07/22 (Wed) 22:33:02
私はリンク保存してあるので募金元のサイトも見に行けますが、クラウドファンディングのサイトです。
(あえてリンクは貼らないでおきます)
「クラウドファンディング」とは、個人や団体に対する資金をネットを通じて収集する方法の事です。

こっちの方は動物愛護がどうとかそういう趣旨のものではないので、問い合わせをしてもどうなるかわかりません。
でも今回のように削除していただけるなら、少し頑張って調べるくらいはしてみます。

嫌がらせや妨害が目的ではないんです。
犬達のためにも、ちゃんと調べて欲しいと思っているんです。

Re: 賛同…?


クラウドファンディングの元記事ほうへ問い合わせをしてくださると言うことなのですね。
英語のサイトだったのでワタシには良くわからないものでしたが
少なくとも、あの中の日本語の部分は事実とは異なるものでした。

良かれと思ってやっていることが、結局他人を騙すことになれば
それは本意ではないかもしれませんものね。

どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

Re: 賛同…?

  • さくらパパ
  • 2015/07/23 (Thu) 21:22:11
SmileDogさん・ももちさん
大変ご無沙汰しています。

SmileDogさんに関しては、覚えて無いでしょうが我が家の飼い主は、よく覚えてますので

Re: 賛同…?

  • hiro
  • 2015/08/13 (Thu) 11:14:20
このファンドは現地で環境の改善に取り組むボラさんが、狂犬病ワクチンやフィラリア薬投与の資金確保のために立ち上げたものなんだそうです。
イヌ達の健康管理の体制を整え、どのワンちゃんだろうといつでも里親さんに出せるように準備しておきたいとのお考えからのことだそうですよ。

クラウドファンディングへの掲載がどうのこうのではなく、SmileDogさんはこのボラの方とは一度でもきちんとお話をされたのでしょうか?
これを立ち上げた方が、どのような意図や意向で行っているのかをご自分で確かめもせず、この掲示板やネットの情報のみで判断されているのでしょうか?

皆さんが世間に標榜されている、いわゆる詐欺に加担する行為と同列に扱われるべきものなのかということを見極めもせず、あの場所に関わる方々を、全て悪と一括して断罪する行為はエゴそのものだとおもいます。

あそこの場所をどうにかしたいという気持ちはきっと皆さん同じはずなんですよ。

Re: 賛同…?

hiroさま

SmileDogさんのみへの問いかけでしょうか。
だとしたら横レス失礼いたします<(_ _)>

>ボラの方とは一度でもきちんとお話をされたのでしょうか?
>詐欺に加担する行為と同列に扱われるべきものなのかということを見極めもせず

話をしたり、見極めると言う行為はこの場合無意味ですが
なぜそうしたほうが良いと思われるのか不思議です。


ネット上で、嶺泊の多頭飼育を指して「保護施設の犬のために寄付してください」と言う虚偽の発信に対して
リンクした方へ向けて「ちゃんとしている所なのか、調べていただきたく思います。」と言う投げかけは、まっとうなものだと思います。

誰であろうが、その根底にどのような美しい心があろうが
「嘘をついてまで資金を集める」ならば、嶺泊と同じと言われても仕方の無いことではないでしょうか。
また、それを容認しているのは一体なぜなのか、まさか本気で保護施設だと思っているわけではないですよね?

お金を集めるためにはウソや偽りも仕方がないと言うお考えの方とは相容れません。


>全て悪と一括して断罪する行為はエゴそのものだとおもいます。

何を指して言われているのかわかりませんが、この場合の容認は、加担とほぼ同じです。
エゴってなんなのでしょうか、ワタシはこの件に関して嫌なことは多いですが
自分の得になるようなことはひとつもありません。
(もちろん皆さんもそうだと思います。)
基本的に、犬のためにと(集金するなど)悪意のない方々に対して、詐欺への加担だと言うのは気が引けます。
ですが、いつまでたってもわからないので。


Re: 賛同…?

  • SmileDog
  • 2015/08/13 (Thu) 22:56:41
>ももち様

フォローありがとうございます。


>hiroさま

嘘は必要でしたか?
正しい内容で募金を募るのなら良いと思いますが、あの記事はそうではありませんでした。
あの内容では、お爺さんの方にお金が流れるかもしれないという懸念もぬぐえませんでした。
お爺さんを支援するような方法では、犬達は救えないと感じています。

避妊去勢を進めた方達やボランティアさん達のことを悪く思っているわけではありません。
ただ、あの記事の内容には嘘があり、誰が投稿し誰が募金を受け取るのか分からないことは事実です。

あの場所は、あのお爺さんが手を引かない限り、資金を投入しても良い結果が出るとは思い辛いです。
とはいえ、今生きている犬達を放っておくことも出来ず、そのためにお金が必要になるのもわかりますが、それならどうしてあのような内容で募金を募るのか私には理解出来ません。

以下は記事の内容をコピペしたのもです。
------------------------------------------------------
現在、母が北海道石狩市にある犬の保護施設でボランティア活動をしています。この場所に出会ってもう一年が経ちました。この保護施設は山奥にあり、捨て犬や保護施設で産まれ新しい家族を待っている100頭近くの犬が暮らしています。この犬達は73歳になる方が一人で世話をしていました。

母親がこの場所に出会った時、広々した土地は色々なガラクタに埋もれ犬を分ける柵もなく、ほぼ野生な状態でした。知り合いの漁師から魚を貰ったりドッグフードの寄付を貰ったりもしていましたが、なかなか募金も集まらなく経済的にとても大変な状況で犬達への医療やケアの時間も満足に充てることが出来ない状態でした。

母は、なんとかしなければと思い何か月も掛けて敷地内の整理に協力しました。ガラクタを移動や処分し、 納屋の中に大きな小屋を20個ほど作る事が出来ました。その新しい小屋に犬達も小グループに分け、犬同士の領土争いによる恐怖感も緊張感も収まり暮らせるようになりました。物置や休憩室も作り、 施設は少しずつ清潔になりました。そして施設内での自然交配が発生しない様に1/2ハウンズさんの協力で施設の犬全頭の去勢と不妊手術をして頂きました。これで施設内の頭数が増える事はありません。

皆の強力で、現在は98頭になりました。避妊・去勢プロジェクトは達成しましたが、しかし施設の犬達のケアの為の費用はまだまだ不足してます。現在狂犬病予防接種済みの犬は22頭です。残りの76頭は費用が足りなく受けさせる事が出来ない状況です。法律上でも義務化されている予防接種です。是非このサイトで狂犬病予防接種の募金のご協力をお願い致します。現在は日本では狂犬病は見られてはいませんが、ロシアではいくつかの発症が見られています。皆の安全の為にもこの犬達に一日も早く必要な予防接種を受けられる様ご強力お願い致します。そして、一日も早くこの成犬達が新しい飼い主の元で暮らせるよう里親募集を続けて行きます。

参考記事

dog actually(ドッグ・アクチュアリー)

レスキュー・ホーダーという問題
http://www.dogactually.net/blog/2015/07/-photo-by-cocoparisienne.html

嶺泊の多頭飼育者は、レスキューホーダーではありませんが
参考になる部分があります。

以下引用
>一般の人の側の問題では、レスキュー・ホーダーという存在を知らないと「自分を犠牲にしてまでたくさんの動物を救おうとする素晴らしい団体(人)」という印象を持ち、寄付などの支援を行うこともよくあります。ホーダーに援助をすることは、依存症に対してのイネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)となってしまうことを意味します。善意のつもりで行った支援がさらに動物たちを苦しめることになるので、大きな注意が必要です。動物保護団体に支援をする時には、実際に動物達がどのように扱われているのか(出来れば自分の目で確かめる)、動物の出入りの数がきちんと公表されているか、収支報告がきちんと公表されているかなどをチェックすることが大切です。


大事な部分はここです。
>イネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)

イネイブラーという言葉はワタシは初めて知りましたが、このイネイブラーの存在が、嶺泊の悪事を存続させていることを、どうか理解してください。

嶺泊は、レスキューホーダーでは無いと思います。
そもそもが保護活動ではなく、だらしがなく犬に興味が無かったがために、いつの間にか増えちゃったけど、レスキューホーダーのふりをすれば、お金が入ってくることを学習した、単なる悪人です。

その辺の見解は個人差があるかもしれませんが、ワタシはそう思います。

Re: 参考記事

  • SmileDog
  • 2015/08/05 (Wed) 21:12:51
ももちさん、今晩は<(_ _)>

犬猫の保護活動をしている人たちの中にも、実力を超えた頭数を保護してしまい、結果まともに世話も出来ず、本末転倒になっているケースも多くあると聞いています。
紐につないで、狭い檻に入れて、餌だけ与え生かしているだけなら保護とは言えません。
そして個体の特徴などを正しく伝えず、里子に出しても返されたり、トラブルになったりすることもあるようです。
応援するなら本当によく調べてからじゃないと、かえって犬猫に不幸の上塗りをしてしまいます。

「死ぬよりいいだろう」ではダメなんです。

嶺泊においては、雌雄を分けず、犬に手をかけず繁殖も防がずにきたようですから(繁殖を続けてきたと言った方が良いでしょうか)、動物愛護の精神があるとは思えません。
募金なんてとんでもない話しです。

「犬のために」と言わず、「私の生活のために」と言って募金を募るのならいいでしょうが。

そうそう、あの募金のページですが、先ほど見てみたら全然集まっていないようでした。
(私が最初に見た時から増えていません)

Re: 参考記事

SmileDogさま

レスキューホーダーって、珍しい事例じゃないのかもしれないですね。
>「死ぬよりいいだろう」ではダメなんです。
はい、そう思います。

札幌の典型的なレスキューホーダーが叩かれていたこともありましたが
ワタシは個人的にはレスキューホーダーを批判したり非難する気持ちはありません。
もともと動物を助けたくてやっていて、精神を病んでしまってお気の毒・・・といった気持ちです。
動物にしてみれば、どんな理由のホーディングであれ、不幸にはかわりないのですけど。
早くご病気を治して、少数頭でも助けてもらえるといいなと思います。

あ、そうそう、なのでレスキューホーダーに対する言葉は
>イネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)
ですが、嶺泊は()内を
(意識せずに悪事を助長してしまう支援者の意)と読み替えていただけると正確です。

嶺泊は精神的な病である依存症ではなく、計画的な悪事ですから。

>「犬のために」と言わず、「私の生活のために」と言って募金を募るのならいいでしょうが。

はい、そう言ってくださるなら、何も文句はありません。
わんわん救助隊とか保護犬とか、犬のためにとかそう言った言葉を止めたうえで他人にたかるなら何も文句はありませんし、この掲示板を止めてもいいです^^

Re: Re: 参考記事

  • あい
  • 2015/08/06 (Thu) 14:03:37
ももち様
こんにちは。

イネイブラー
そのような定義を持った言葉が存在するのですね。
とても勉強になりました。

生活して行く中で私も、そのような事に陥っている可能性もあるかもと思うと少し、ぞっとしました。
情けをかけてしまいがちな行動は反面、自分の行ないに酔ってしまう事があるかも知れません。
その見極めは難しいのかも知れませんが…
嶺泊に関しては、それは決して解決にはならず悪化させてしまうという事を知って頂きたいですね。
始めは知らずにそうなってしまった方達も事の重大さに早く気付いて頂けたらと願います。

Re: 参考記事

あいさま

こんにちは、いつもありがとうございます。
>自分の行ないに酔ってしまう事があるかも知れません。
まさにそうだと思います。
実はワタシも昔、そんな頃がありました^^;
何も確認せず、深く考えず、いいのいいの、動物のために使って~的な寄付の仕方で、収支報告?そんなケチな事は言わないから~って、太っ腹な自分に酔っていたのかもしれません^^;

犬のためにならないと言っていることが
ワタシや、この件を理解している皆さんが個人的にそう思っているわけではなく、他にも似たような事例があり、イネイブラーとか言う立派な言葉もある。
我こそ正義と思っている、イネイブラーな皆さんに届くことを祈りたいです。

破綻!

  • チビタ
  • 2015/08/03 (Mon) 00:00:28
ももちさん ご無沙汰いたしております。

凪たんの旅立ち お疲れ様でした。つらいですね・時間が解決すると思われます。

SmileDog さん 削除前の原文を見ました。

ななしさん 事実を知らない可哀想な方ですね。

ももちさんの再三の要望通り 名のりをキチンとされてから投稿しましょう。ルールを守らない方には誰も賛同しません。後ろめたいからでしょうが、皆さん解っていますよ。次の本題を見ると、だれが正しいのかはっきりします。これからの記載に もしも、事実と反することが有れば、ももちさんに代わり私が、知っているかぎりお答えしましょう。

投稿には責任があるのです。

表題の件、今まで世間をだまし 又、私を含むボラをだまし さらに何の罪のないわんちやんを自分の生活の為、だしに使い大勢の善意の方から寄付などの名目で乞食のような詐欺まがいのお金集め さらに食事までありがたく?頂戴しetc etc 他の方から見るとダニか寄生虫のような存在です。

とうとう、その化けの皮がはがれました。

そうです。破綻したのです。(民事でお互いに解決したと聞いています。)

詐欺の隠れ蓑であるあの場所は1年か2年?以内に 爺は 立ち退かなくてはならなくなりました。

善意の方をだまし続けた挙句、堪忍袋の緒を切ってしまったのは、結局 爺なのです。(温情により1~2年の猶予が与えられたらしい)

借金の返済が出来なくなったのです。

借金については、1例ですが 3軒くらいとなりの(国道の入り口)Iさんから 50諭吉 を借り 返さないまま、(国家公務員だった この方は亡くなりました)知らんふり、生前 本人から聞いた事実です。地元ではそのほかにも沢山あり 信用はもちろん有りません。

誰もが、かかわりになるのが嫌なのです。

貸した方を何人も知っていますが、ただの1人も返してもらった方は私の知る限りいません。
多分、本人も 誰から いつ 幾ら 借りた(だました)か 解らないと思います。

それはそれとして、多くの ワンちゃんは どうなる(どうする)のでしょう? 

爺は、当事者ですが、ブログを見る限り、まだ 「寄付を」 と
綴っています。 内容が、動揺の為か 変わってきてますが・・。

ワンちゃんのことは全く触れていないのです。

もっともここのワンちゃんは、ほとんどが精神を病んでいます。。。

さてさて



破綻したんですか…

  • 吹雪
  • 2015/08/03 (Mon) 20:35:15
チビタさん、情報ありがとうございます。
いつかは、破綻するしかなかったのでしょうが、
生きているうちに少しでも、ご自分で苦しんで
したことの後始末をして欲しいですね。

ひとつだけ私の気持ちを…
「ほとんどが精神を病んでいます」というのは、
ちょっと違うかなと思います。
確かに、心に傷のある子もいるでしょう。
人馴れしていない犬、
あの場所の犬社会で辛い思いをしていた犬もいますし、
あの場所しか知らず、すぐには家庭に適応できない犬が殆どかもしれません。
でも、病んでいるのは犬ではないと思ってます。

ももちさん、凪ちゃんの御冥福を心よりお祈り申し上げます。

Re: 破綻!

チビタさま
吹雪さま

こんにちは、ちょっとお久しぶりですね^^
うちの犬へのお気遣いありがとうございます<(_ _)>
犬に与えられたものは多いですが、犬へ返せたものは少なく・・
これから時間をかけてでも、恩返しができたらいいなと思います。

チビタさまの情報、とってもお詳しく感謝です。<(_ _)>
数年前から一部の人間の間では、お金は借りても返さないのは
あたり前のように知られていましたが、どちらのどなたからおいくら・・・までは、知りませんでした。

ここを見ている人はもう大丈夫だとは思いますが、くれぐれも現金はお渡しにならないほうがよろしいですね。
たかりに(子犬を渡した)檀家回りをしてると言う噂もちらほら・・・

スマホを操りブログの更新が趣味なのに、借金は踏み倒すのでは、お金の使い方間違っていませんかね。
自分の無駄遣いよりも借金の返済を通常優先すべきですが。
犬には使わない、借金は返さないで、いただいた浄財は一体何に使ってるのか、少し想像すればわかることですね。

わんわん救助隊などと詐称し他人の金品をあてにせず、早く改心して自立して欲しいですね。
早くしないと人生終わっちゃいますよ。

あそこの犬たちは被害者以外の何ものでもないです。
産み出され、利用され、何も楽しいことも知らないまま、人間を警戒したまま死んでいく・・・


ここまで暴露され、中身を知りながら、わんわん救助隊と言う詐称を容認、追認したまま手伝う方々も同罪です。


Re: 破綻!

  • ビタワン
  • 2015/08/04 (Tue) 17:54:27
おひさしぶりです。
知らない間に色々と変化が有ったのですね。
どちらにしても監視はしていきたいです。

ももちさん
HPを見ましたが愛犬を失うのは悲しいことですが必ず訪れることなので・・・
写真に写る凪の眼差しが卑屈な感じが無く信頼感にあふれている様に感じます。

Re: 破綻!

ビタワンさま

お久しぶりです。
お褒めの言葉(に取れました^^)ありがとうございます。
ワタシの犬たちは、ワタシの宝物でした。

どの犬も、誰かの宝物であればいいと思います。

そのためにも、この件は最後まで見過ごすことはできません。

Re: 破綻!

  • SmileDog
  • 2015/08/05 (Wed) 20:52:13
嶺泊の多頭飼育が無くなるんですね?
嬉しいです。
本当に犬を救いたいと思っている善意の人たちが、本当に活躍できるようになりそうですね。
あのような環境で生活している犬たちが、日々の不安や苦痛・ストレスから早く解放されるといいのですが。。

Re: 破綻!

SmileDogさま

きっと、そう簡単には解決しないと思いますが
好き勝手にできなくなると言う意味では、いいのかもしれません。
まだ寿命のある犬も多く、一体どうするつもりなのだか・・・
自業自得は間違いないのですが、犬たちが人質ですからね・・
なんとも複雑ではあります。