(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

無罪判決でる!

  • ワンコが好き
  • 2018/12/04 (Tue) 21:20:53
「相手が暴行したため、自衛の為ハンマーで応戦」の主張が認められて、正当防衛で無罪の判決が12/4にでました。

上告がなければ、無罪放免で嶺泊に胸を張ってもどってきますね。
この先、もう何も起きませんように!

わんわん救助隊に疑問

  • 黒猫
  • 2018/09/01 (Sat) 09:14:25
わんわん救助隊近くで用事があり7年前から行っています。
朝早く危険な大型犬が群れで行動、相手を見て人間も襲いますので、十分気を付ける必要あります。
わんわん救助隊の横でライトプレーンの飛行場があり土地貸しで利益を上げています。
わんわん救助隊の主は2017年に殺人未遂で逮捕されました、金銭トラブルです。偽善者ぶって金集めは許せません。
犬には罪は無いので、救済できればいいですね。

犬たちが放置されなくて良かったです

  • momo
  • 2018/05/23 (Wed) 13:05:41
何はともあれ犬たちには一番良い方向で進んでいるようで安心しました。

Re: 犬たちが放置されなくて良かったです

  • 吹雪
  • 2018/06/19 (Tue) 11:46:50
いつか、こんな日が来ることは誰もが予想していたとは思いますが、理由に唖然としています。
私はYahoo!ニュースで知りましたが、ググればニュース記事は出て来るかもしれませんね。
団体さんやボランティアさんがお世話をして下さっているようですが、冬でなくて本当に良かったと思います。

私も出来ることはしようと思いますが、現地には行きません。あの場所が汚いからとか遠いとか、そういう理由ではありません。


Re: 犬たちが放置されなくて良かったです

  • sakurapapa
  • 2018/06/27 (Wed) 13:47:13
吹雪さん 出来る事? 何をされるのかわかりませぬが・・・。

忠告までに、ボランティアの窓口N氏にだけは関わらないように

M基金を通した方が良いです。

Re: 犬たちが放置されなくて良かったです

  • 吹雪
  • 2018/07/03 (Tue) 09:54:44
sukuranopapa様
ご忠告ありがとうございます。
現地に行けない私に出来ることは限られています。
本当は何よりも預かりを含めた人手なのでしょうが………
Nさん?がどういう方なのかは知り得ませんが、
M基金さんは勿論、
実際に動いて現地の犬と関わって下さっている方々には感謝しています。

うちに来た犬は何年経っても臆病なままですが、
フカフカのベッドでしか寝ない雨の日は外に出ない犬になりました。
残された犬達にも幸せな生活をと願っています。


財界さっぽろに。

  • ももち
  • 2018/06/29 (Fri) 21:32:38
ご無沙汰しております。
皆さま情報ありがとうございます。

ブログにも追記しましたがこちらにも
残しておきますね。

【2018年6月29日追記】

財界さっぽろさんが、取材をしてくれました。
財界さっぽろ 2018年7月号目次内より
「◇飼い主が殺人未遂で逮捕
石狩市・嶺泊 置き去りにされた犬たち(最大時180頭)のSOS」

ご興味のある方はご購入下さい。
オンラインでも購入できます。 http://zaikaisapporo.ocnk.net/product/231

【追記おわり】

以上です。

逮捕されたという情報は本当なのでしょうか?

  • momo
  • 2018/05/19 (Sat) 06:37:06
お久しぶりです。
最近ブログの更新もなく、どうしたものかと気にしていましたがご老人が逮捕されたというのは本当でしょうか?

Re: 逮捕されたという情報は本当なのでしょうか?

  • sakurapapa
  • 2018/05/22 (Tue) 10:45:29
お答えします。

事実です。

詳しい事などは、控えさせて頂きます。

人の事を面白おかしく書き立てて晒し者にしても仕方無いので我が輩は、一切何処にも書いていませんでした。

聞かれましたらお伝えはしました。

こちらの管理人さんには、お伝えしましたが・・・。

今現在 爺が不在になりましてから団体・個人の方々が各々の行ける日に出向いてお世話をしてくれています。

こちらの住人の方々も過去には言いたい事を言ってらっしゃいましたよね?

爺の居ない今こそ出来る事をされてはと思えてなりませんが

以前と比べて頭数も30頭弱迄になりました(一時預かり・譲渡)

この先も数頭譲渡予定が有ります。

全てでは有りませんがお世話に行かれた方や現状等々が書かれています。


https://www.facebook.com/%E5%B6%BA%E6%B3%8A%E3%81%AE%E7%8A%AC%E9%81%94%E3%81%BF%E3%81%AD%E3%81%A9%E3%81%BE%E3%82%8A-592872097726354/

末期の腫瘍が発見出来ないなんて

  • momo
  • 2017/07/28 (Fri) 07:43:52
ブログ内で自ら書いていますが、末期の腫瘍が発見出来ない位コミュニケーションが取れてないんですね。
自分お家の飼い犬だったらお腹を撫ぜたり、食欲や歩き方など異変に気がつくと思うのですが、手放し野放しでこの有様
早くこの状態が終息することを願いたいです。

去年の狂犬病など。

Re: 去年の狂犬病など。

  • 2016/11/20 (Sun) 12:40:54
殆ど貰われたよ。
貴様の執拗なストーカーも終わらせな。
あと、カウセリング受けた方がいいかもねぇ〜


ip:
49.98.151.73
host:
sp49-98-151-73.msd.spmode.ne.jp
ua:
Mozilla/5.0 (Linux; Android 5.0; SC-02G Build/LRX21T) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/54.0.2840.85 Mobile Safari/537.36

Re: 去年の狂犬病など。

  • ビタワン
  • 2017/02/09 (Thu) 05:51:09
いくら貰われていっても、小さいうちからイジメや虐待を受けていた犬は人を信用せず、脱走や問題行動を起こす様です。
ブログ内でも脱走や問題行動を起こす犬たちが多いですよね。
それこそ犬たちへの心のケア、カウンセリングが必要な状況ですよね。

犬を見ればどれだけ劣悪な環境で過ごしていたのかわかります。
劣悪な環境が改善されたと言っても、あなたのところにいた犬たちの心の闇は一生消えないでしょう。

善意であれ、故意であれ、結果として劣悪で予防注射や病気のケアなど殆どしていなかったのは事実です。そういった行為を見過ごせない方の声を真摯に受け止めることが出来ないのは何故なのでしょうか?
行政から監視対象と認定されたと事実をどう受け止めておられますか?
今までの経緯から考えても資金も施設も十分とは言えない状況で監視の目がないと何時また劣悪な環境になってしまうのではないかと思ってしまうのは当然ですよ。
わんわん支援者も一旦支援した以上最後まで責任を取る覚悟なんですよね。

Re: 去年の狂犬病など。

  • ももち
  • 2017/02/18 (Sat) 12:05:08
ビタワンさま

お久しぶりです。
支援者さんなんて、まだいるのでしょうかね?
いたとしても、何も知らない、知ろうとしない善意の方々と思います。

何ていうか・・・悪意がない(むしろ善意な)ので責められないんですよね。

悪いのは100%本人ですから。
可哀想な犬達も可哀想なまま着々と減っているようですから
野良や他の犬をはらませて殖やさないように監視するしかないのではないでしょうか。

Re: 去年の狂犬病など。

  • M
  • 2017/03/03 (Fri) 00:14:22
大きくなってから飼い主が代われば逃げたくなるのは普通の事だと思いますよ。知らない家に連れてこられて警戒するのは普通のことだし、帰りたくなるのも普通の事です。帰巣本能ですよ。問題行動ではありません。それを理解して脱走せぬように注意を払って愛情を注ぎ落ち着かせるのです。犬が脱走してしまったのは犬のせいでもないし、良い環境で育った子であればすぐに新しい環境になじむというものでもありません。
新しい飼い主さんはそれを理解しているからこそ、長い間探していたのでしょう。
脱走=問題行動=心の闇じゃないですよ。

お久しぶりです

  • 吹雪
  • 2017/03/30 (Thu) 18:33:26
可哀想な犬達は可哀想なままで減っている………
ブログを見る限り、御本人様はお元気そうですが、
春に子犬が何匹も…なんて事にならないことだけを祈っています。

ブログ更新がありませんね

  • ビタワン
  • 2016/01/07 (Thu) 16:21:03
何度わんわんのブログを見てみましたが更新されていないようですね。
資金が尽きたので携帯の支払いが不可能になったのでしょうか?
一度状況を確認しに行こうと思います。

Re: ブログ更新がありませんね

  • 暴れ熊
  • 2016/01/08 (Fri) 09:04:28
ビタワンさん
おはようございます

本人曰く、IDとパスワード忘れでログイン出来ずに新しいブログ立ち上げてます

1年前に記事にしていたハウンズさんの避妊去勢を又、ほじくり出して、「トルネード作戦」とか言って浮かれてます

何ひとつ変わらない様子です
飼い主責任を何ひとつ果たせてないのを「お涙頂戴」に書き換えております

これを書き込むと、おそらくアクセスが上がってしまうので、検索ワードは書きません

子育てベンツも腫瘍が出来てて「余命一ヶ月」とか…
とにかく何でも「ネタ」です

毎日一緒に寝てても異変にも気がつかずいかにふれあいが全くないのかをアピールしてます!本当に残念なじいさんです

Re: ブログ更新がありませんね

  • ビタワン
  • 2016/01/08 (Fri) 14:15:11
暴れ熊さん
情報ありがとうございます。

Re: ブログ更新がありませんね

皆さまお元気そうで何よりです。

警察も役所も把握していますから
一般の方はかまわないのが一番ですよ。

おっしゃる通り、何でも自分の良いようにネタにして
可哀想な犬と頑張ってる自分をエサに
金づるを釣ろうとしてるだけです。

ネタを提供するとますます張り切るだけです。

この人が北海道で最後の、最悪多頭飼育者になるように
していかなければなりませんね。
こんな悲惨なことはあってはならないと思います。

Re: ブログ更新がありませんね

  • 名無し
  • 2016/04/03 (Sun) 23:54:42
自分の素性も明かさず言いたい放題!
果たして貴方は、犬猫を保護した経験が有っての
発言なのでしょうか?
きっと貴方は、世の中の不幸な犬猫達を
幸せに出来るからこその発言何でしょうね!
其れは、素晴らしいと思いました!
自分は、今さん程ではないけど、出来る範囲で犬猫を保護してます❗全て自腹で登録も予防もしてますから安心してください( ̄▽ ̄)
貴方のコメントが匿名で一方的なので自分も匿名にしてます。
しっぽの会とも仲良く交流してますよ~(^∇^)
もっと言えば、JAVAも道保護協会も会員として活動してましたけどね!
貴方みたいに活動してるのかして無いのか解らない方に
こんな処で批判するのはどうなんですかね~‼
本気で犬猫が好きなら、批判する前に活動して見ませんか!

Re: ブログ更新がありませんね

  • Sol
  • 2016/05/24 (Tue) 19:42:13

実名原則のサイトでも取り上げられてたって、正直恥ですよね
。。。

これ以上、恥の上塗りをしないで欲しいですね。

このおじさん、最初は謙虚さもありましたが、いろんな人が出入りするうちにお金を 無心する様になりました。

ボラで出入りした人にも中にはおかしいなって思う人もいましたし、人に頼らなければやってけない状況を作ったおじさんもどんどんおかしくなっていきました。

このおじさんは野生に近いので、ワクチンとか言っても 無意味なんです。

自分も義務保険に入ってないのでは?と思います。

おじさんが亡くなる前に、犬達の事を考えないとダメですよね。
石狩が引き取って、くれるのでしょうか?

Re: ブログ更新がありませんね

Solさま

お久しぶりです、しばらくぶり過ぎて
この掲示板の操作方法を忘れてIDチェックなどできてませんが
以前も来てくださっていた方ですよね。

>実名原則のサイトでも取り上げられてたって、正直恥ですよね
そうなのですか?良くわからないのですが
ご本人、自分で実名晒してますしね・・・
もうここまで来たら恥も外聞もないのでしょうね。

わんわん救助隊のサポーターがガッチリ脇を固めてますから
死んでも問題ないんじゃないでしょうかね。

生きてるうちは、一瞬でも目を離すとまた
犬をダシにした乞食に逆戻りです。


Re: ブログ更新がありませんね

  • Sol
  • 2016/05/31 (Tue) 19:26:57
ももちさん、そうです、お久しぶりです。

簡単なキーワードを打って検索すれば、原則実名サイトが出てきます。
でも二年位前の投稿で、その時はいろんな意見が出ても、どうしても立ち消えに なってしまってます。

継続して経過をみなければ意味がないんですよね。

Kさんは自らススキノで働いてましたとプロフに書いてるあたり、他にも違う名前を語ってる可能性があるかもしれません。

だからブログで 名前を出せるんじゃないでしょうか?
実名を出したら もっといろいろまずい事が出てきそうですね。

Kさんが突然犬達のケアが出来なくなっても、サポーターがーいらっしゃるのでしたら安心ですね。
当然全頭その方達が引き取って、これからは金銭が絡まない世界で、一頭ずつ生涯介護が必要になってもそばにいてくてるんでしょうね。

Kさん、今は人の金も自分の金って思う様に変わってしまいました。

お金って人を変えてしまいますからね。
せがむばかりで、「与える」と言う言葉は、もう ないんでしょうね。

「募金で頂いたお金は必ずお返し致します」
そう書いてあったブログも削除or非公開になってるので、すっかりお金の魔力に取り憑かれたんでしょう。

今噂になってる政◯の人ちっちゃい版の様ですね。

無題

  • mm
  • 2015/11/28 (Sat) 22:31:01
言っていることはわかります。
ただ、なぜか犬達のフードが貰えなくなっているようですね。

犬は被害者といいながら、餓死しても構わないということでしょうか。

Re: 無題

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 22:41:27
>言っていることはわかります。
良かったです、ありがとうございます。

よその家の犬が餓死してもいいとは思いませんが
それは飼い主責任です。
エサを無料であげなかった人のせいではありませんし
叩いてる私のせいでもありません。
飼育する能力もないのに増やしてお金だけ搾取してた飼い主が悪いのです。
犬は被害者であり人質です。
mmさんのおっしゃるフレーズは昔からよく出てくる
せっせと「わんわん救助隊」を存続させてきた理由の一つとなります。

多頭飼育者と話ができるなら、是非詐称を止めさせてから行動すべきです。

Re: mm様

  • 暴れ熊
  • 2015/11/29 (Sun) 00:15:16
すいません 横スレ失礼します

現在フードが貰えなくなったのは、某問屋さんの都合の様です

余り詳しくは書けませんが面識のある方が居なくなった様です

それこそ自分の犬だとあのお方が主張するならば今後は自力で飼育していかなければならない状況です

確かにあそこの犬達がひもじい思いをしてしまうのは忍びない事実ですが、これを強く表に出してしまえば本人に人にたかる機会を与えてしまう様なモノなので
現在個人の方々が持ち寄っているフードでも何とかなるのでは?と思います

今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/22 (Sun) 14:30:48
昨日またアクセスがいきなり増えたので、今来た方へわかりやすく説明します。

石狩市厚田区嶺泊に、中型雑種犬を100頭近く所有している老人が存在し
10年近く前から、「わんわん救助隊」と名乗り、看板や名刺まで作り寄付を募っていました。
(現在もブログは存続中 http://blog.goo.ne.jp/space7galaxyufodog )
もっとも頭数が多かった時は、200頭を超えていたと推定されています。
飼育方法としては、広大な敷地内を柵や簡易な木の壁などで囲い、係留等をせずに放し飼い
囲いが不十分なため、犬たちは敷地外へと逸走し、敷地内でも野外でも子を産み野良犬となる犬もいました。
逆にこの多頭飼育者が、野良犬の乳飲み子を母犬から強奪して手元で育て、「わんわん救助隊」
の名のもとに、「保護犬」を生産し、仔犬を譲渡し保護活動者を装い、寄付を集めていた実態があります。
避妊去勢もしていないため、産まれては死に、頻繁な闘争で命を落とした犬も多くいました。

明らかなマッチポンプ形式なのですが、この不幸な大量の犬を見て保護活動だと勘違いする支援者
マッチポンプと知りながら、支援しようとする方が後を絶たず、この多頭飼育者の思惑通りに「詐欺的な保護活動」が今も存続しています。
(このような支援者をイネイブラーと言うそうです。後ほど解説)

事実として、ここ10年の間に管内の保健所には嶺泊由来の野良犬が捕獲収容殺処分されてきました。その数は数百頭にも及びます。(確認済)

全国的にも犬の殺処分が減り、北海道も例外ではなく、嶺泊由来の野良犬は地元保護団体にずいぶん助けてもらえるようになりましたが、捕まらない犬もまだいるようでたびたび子犬も保健所に収容されます。今も野良成犬が保健所にいます。

続く。

Re: 今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 21:41:12
続き。

の前に訂正します。
「詐欺的な保護活動」→「保護活動を装った詐欺的行為」

この多頭飼育者が「わんわん救助隊」と自称している以上
犬を助けたいという善意の「犬のためだけに行っている」行為が、マッチポンプの歯車、または広告塔のひとつになっているに過ぎない・・・のですが、たぶんこの辺がわかってもらえない部分なのかなと思います。
(相変わらず説明が下手ですみません。)

いくら声高に、多頭飼育者の味方じゃないとか信頼関係を築いて良い方向に導いていくなどと語っても、自称「わんわん救助隊」を止めさせないかぎり、「わんわん救助隊を容認している支援者」でしかありません。

そもそも、少しでも助けてればまだいいのですが、殺してる方が断然多いし、わんわん救助隊などとうたってるおかげで犬捨て場となるわけです。(マッチポンプだから仕方ないのですが。)
現場を見て犬たち元気だし自由だしなどと思う方もいるのですが、今いる犬は、たまたま生き残っただけでその陰に膨大な数の犬が死んでいることをどうか想像して欲しいと思います。
行政で殺処分された分とはまた別に施設内で大量死していることは想像に難くないと思います。


可哀想な犬は、嶺泊にだけいるわけではないのですが
どうしてもここの犬に手を出したいなら、まずは自称を止めさせることから始めなければ何年も続いてきた同じことの繰り返しであって、何の進歩もありません。


たまたま今は行政で個体識別を行っているので、新規繁殖犬の導入はできませんが、自称している以上多頭飼育者にはいつでも元に戻る準備があるという事です。
どうぞ騙されることの無いよう、騙された方だけが被害者ならいいのですが、この場合、犬が被害者ですから。
行政に犬はダメって言われてるから猫連れてきたりしてるようで、普通に考えれば純粋な善意ならブログに載せないでしょうから、ブログのネタが寄付に直結してるのだろうと思います。

本質を見誤らないようお願いしたいと思います。

http://www.nagijupi.com/085648/

その1 わんわん救助隊と言う名称を使用しないこと

まずこれをさせないことには解決はありません。

それと、多頭飼育者にとって注目されたり、来客があったり
犬のおかげで他者とコミュニケーションが取れることが何よりも嬉しいことです。
(叩かれるのも喜んでる可能性も)

なので、かまわないのが一番の解決への近道なのですが・・・
なかなか難しいのでしょうかね。



Re: 今来た方へ

  • ももち
  • 2015/11/28 (Sat) 22:51:24
イネイブラーの解説を忘れたので
過去の書き込みのコピペです。以下

dog actually(ドッグ・アクチュアリー)

レスキュー・ホーダーという問題
http://www.dogactually.net/blog/2015/07/-photo-by-cocoparisienne.html

嶺泊の多頭飼育者は、レスキューホーダーではありませんが
参考になる部分があります。

以下引用
>一般の人の側の問題では、レスキュー・ホーダーという存在を知らないと「自分を犠牲にしてまでたくさんの動物を救おうとする素晴らしい団体(人)」という印象を持ち、寄付などの支援を行うこともよくあります。ホーダーに援助をすることは、依存症に対してのイネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)となってしまうことを意味します。善意のつもりで行った支援がさらに動物たちを苦しめることになるので、大きな注意が必要です。動物保護団体に支援をする時には、実際に動物達がどのように扱われているのか(出来れば自分の目で確かめる)、動物の出入りの数がきちんと公表されているか、収支報告がきちんと公表されているかなどをチェックすることが大切です。


大事な部分はここです。
>イネイブラー(意識せずに依存症を助長してしまう支援者の意)

イネイブラーという言葉はワタシは初めて知りましたが、このイネイブラーの存在が、嶺泊の悪事を存続させていることを、どうか理解してください。

嶺泊は、レスキューホーダーでは無いと思います。
そもそもが保護活動ではなく、だらしがなく犬に興味が無かったがために、いつの間にか増えちゃったけど、レスキューホーダーのふりをすれば、お金が入ってくることを学習した、単なる悪人です。

その辺の見解は個人差があるかもしれませんが、ワタシはそう思います。

以上

続く。